iPad Pro10.5 純正レザースリーブケースを購入レビュー

こんにちは。Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです。

iPad Pro10.5でApple Pencilをもっと持ち運びして有効に使おうと、スマートキーボード対応でApple Pencilも収めることが出来るケースをいくつか購入してみましたが、中々これがというケースにまだ出会っていません

マイクロソフトのsurfaceみたいに横にでもくっついてくれるなら何も問題ないのですが、それはさすがにできませんし

そこで色々と調べてみて考えたところ、純正のレザースリーブケースがいいのはと思い
思い切って購入してみることにしました

純正レザースリーブケース

iPad Pro10.5が発売された当初に純正レザスリーブケースの購入を検討したことがあったのですが、スマートキーボードだけで事足りるだろうという考えと、スリーブケースの値段が税別で15800円もする高額なことから諦めた経緯があります

しかし今回購入する際によくよく考えてみると、スマートキーボードを外した状態でiPad Pro10.5とApple Pencilをスリーブケースに入れて持ち運ぶこともできるし、スマートキーボードを装着した状態でも持ち運べるのではと期待したことが購入の一番の理由でした

早速見ていきたいと思います

色はサドルブラウンを選びました
これには理由があり、あとで説明したいと思います

箱はいつものアップル製品らしくシンプルですね

開封してレザースリーブケースを取り出します

思っていたより明るいブラウンです
Apple Pencilを差し込む所にはApple Pencilらしき棒状のものが差し込んであります

後ろを見て見ます
他の純正ケースと同じように純正品だけに許されるリンゴのマークが刻まれています
pencilを入れる場所の裏側はボコッと出ています
しかしこの段差が机などに置いた時などに持ちやすくなることに一役買っています

iPhoneなどの純正レザーケースなどと一緒で革の質感がしなやかで良い川が使われているので高級感を醸し出しています

中は片面側だけマイクロファイバーが施されていて、おそらくディスプレをこちら側にしていれるだと思います
たぶん(笑)

Apple Pencilの居場所

Apple Pencilの収納場所ですが、ぴったりと収まる作りになっていますが、入れにくくも取り出しづらさもありません
入れる時も取り出すときもサッとできる仕様になっています

ただ気をつけたいのがApple Pencilを取り出すとき、キャップを持って取り出そうとすると
キャプだけ外れてしまいます
そのまま転げてキャップをなくさないように注意しなければいけません

iPad Pro10.5を入れてみる

裸のままのiPad Pro10.5を入れてみます
想像していたより、こちらも結構ピッタリとして収まります

Apple Pencilの収納場所と同じように入れやすく取り出しがしやすいように作られています
どちらの収納場所も同じように丁寧に作られているところは、まさにAppleクオリティですね

裸の状態でこうピッタリだと、当初の私の思惑であったスマートキーボードを装着してスリーブケースに入れて持ち運びたいと願望は厳しいかもしれません

とりあえずスマートキーボードを装着した状態で入れてみます
かなりキツキツです


裸の状態で入れた写真とスマートキーボードを装着した状態を横から写真を撮って比べてみると明らかに厚さが違います

入らないことはないですが、裸のままのiPad Pro10.5を入れた方がスマートです(笑)

まとめ

iPhoneのレザーケースなどと一緒で、かなりクオリティの高い純正のレザースリーブケースです
値段もかなり高いです

ですが、今回はAmazonで購入したので、Apple Storeなどで購入するよりはこのサドルブラウンの色は約3500円ほど安く買えました

定価だと税込で17046円もしますが、Amazonだと税込で13526円でした

購入してまだ外出には持ち出していませんが、これからiPad Pro10.5とスマートキーボードとApple Pencilと共に活躍してくれそうです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です