家族揃っての初めての海外旅行はトルコのアランヤに行ってきました

こんにちは。Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです。

今回は7月に嫁とサーシャ初めて家族三人揃っての海外旅行記

初めての海外への家族旅行先に選んだのはトルコのアランヤ

サーシャは今年の3月に嫁と二人でエジプトに初めての海外旅行に行っています

しかし、それまでは一度も海外旅行どころかウクライナ国内でも旅行らしい旅行に行ったことがありませんでした

子供心にずーーーと海やプールがある場所に旅行に行きたくて仕方なかったサーシャですが、嫁の前の旦那さん(サーシャの実の父親)が海外へと行くドキュメントにサインをしてくれなかっため今まで行くことができませんでした

しかし、なんと前回と今回に限ってドキュメントにサインをしてくれたのです

何という心変わりよう、何か心境の変化でもあったのでしょうか

嫁はもしものために裁判の準備までしようとしていましたが、これで三人揃ってトルコへと行くことが決まりました

出発〜〜!!

当日の朝、ツアー会社が用意したバスでリヴィウ空港まで向かいます

私たち家族以外にもう1組の家族も同乗します

バスといっても、日本で言うところのミニバンタイプの車です

それでもですね、今回家族三人での旅行代金はなんと、$1050です(笑)

一人$1050ではありません
三人で$1050なのです

日本円で約116720円ぐらいです
安っ!

旅行代金には1週間のホテル代と朝、昼、夕、と三食無料な上、プールのバーでの飲み物(アルコールも含む)と軽食もすべて無料なのだそうです

評判の悪いウクライナ航空だけど

バスは約二時間ほどしてテルノピーリからリヴィウ空港へと着きました

リヴィウ空港近辺では仕事に行くためにバス停に向かう人などがいて、日本と同じ光景を見ることができました

リヴィウ空港に着くと、今回のトルコツアーへと参加する人がたくさん来ています

私たちもチェックインを済ませ、イミグレを抜け搭乗ゲートへと向かいます

あれが今回私たちが乗る飛行機みたいですね
嫁いわく、エジプトに行った時の飛行機よりも大きいらしいです

でもウクライナ航空ってあんまり評判良くないんですよね

サービス良くないって聞いたことあるんで(悲)

しかしそれよりも、今回一番驚いたのが飛行機が離陸して空高く舞い上がった時です!!

満席の機内からほぼ全ての人が飛行機が上空に達すると割れんばかりの拍手喝采をしたのです(笑)

なんでも嫁によると、無事離陸させてくれた操縦士に送られた拍手喝采らしいです

本当かいな?
※帰りの飛行機でも同じでした(笑)

指定のドリンク以外と機内食は有料です

あらかじめ自分たちで手作りのサンドウィッチなどを持参している家族も大勢いました

私はとりあえずなんかうまそうな機内食の写真があったので注文してみると、あっさり置いてないと言われました(笑)

仕方ないので、サンドウィッチも注文して食べましたが、全然美味しくなかったです

そうこうしているうちにトルコ上空に来たみたいです

娘のサーシャが写真を撮影しましたが、私より上手に撮影します(笑)

アンタルや国際空港に到着!

無事アンタルヤ空港に着き、飛行機を降りて、イミグレに向かうと、ウクライナ人の長者の列が

長者のイミグレを抜け、荷物を取り空港の外へ出ると、ムワッとするほどの暑さが!

これがトルコの暑さのかと思いながら
iPhoneで気温を見ると、38度もあります

そりゃさすがに暑いっすね

でも、私が住んでいる福岡に比べると湿度が少ないせいか不快指数はほとんど感じません

ホテルまで送迎してくれるバスを探し乗り込み目的地へと向かいます

バスにはバスガイドの女性も乗っていて、アランヤまではバスで二時間ほどかかるので途中でトイレ休憩を挟むとウクライナ語で説明していると嫁が教えてくれました

途中の休憩所でiPhone用のモバイルデータ通信のSIMを購入しました

10GBも使えて、なんと$10です

キャリアは昔日本でもおなじみだったボーダフォンを選びました

それからさらに一時間ほどバスに揺られていると、右側に海が見えてきました

ここぞとばかりにサーシャも私も興奮してバスの中から写真を撮りまくります

しばらく海外線をバスは走りながら、途中お客さんを各ホテルごとに下ろしていきます

他のツアー客が宿泊するアランヤの各ホテルはすごく素敵なホテルが沢山ありました

他の人が宿泊するホテルを見ていると、今回、私たち家族が宿泊するホテルはどんなところだろう、「いいホテルだったらいいよね」って嫁と談笑していると、バスの中の乗客も私たちともう一組の家族だけになり、ようやく私たちが宿泊するホテルに着きました

「ん〜」的なホテル

着いたホテルは、なんか想像していたホテルとは違っていましたが、これから1週間滞在するホテルだと思うと愛着が湧いてきます(笑)

早速ロビーに向かうとそこはロシア人だらけ

ウクライナと同様、トルコはロシア人もビザなしで来ることができる地域らしく、これまたウクライナと同様で、ロシアの航空会社がツアー料金を格安で提供しているようです

トルコに来たのに聞こえてくるのはロシア語ばかり

チェックインを済ませ、案内された部屋へと入ると嫁の顔が渋り出します
どうも部屋の回数と眺めが気に入らないようです

案内してくれたホテルのスタッフに部屋を変えてくれるように申し出ると、あっさりと3階の部屋から6階の部屋へと変えてくれました

とりあえず荷物を置き、1時間だけプールに行ってみることに
サーシャが我慢できないのです(笑)

このプールで1週間存分に遊ぶことができました
サーシャも大満足しすぎて最終日には少々飽きていたみたいです

プールの近くには簡易的なバーがあり、そこでビールやワインなどのアルコール類、ジュースなどが無料で飲むことができます

あるロシア人など、夫婦に子供一人と三人家族なのにビールを15杯ほど持ち運びほとんど男性一人で飲んでいました
おそロシア

バーの横には軽食を提供してくれるこれまた簡易的なビュッフェもあります

プールに飽きたら、歩いて5分ほどのところに海水浴もできる海があり
海は思ったよりも波が高く、私の故郷の宮崎の海に似ていまいした

嫁は海で遊ぶのを楽しみにしていましたが、サーシャはプールの方がいいらしく、私はもっぱらサーシャのお相手をして一緒にプールで遊んでいました

海水浴場ではこんな開放的なロシア人美女が沢山いましたね(笑)

食事は朝、昼、夕とビュッフェスタイルのレストランで無料で食べることができます

正直、日本人からしたらクオリティは全然高くないですが航空券にホテル、食事も込みでの料金と考えると格安なので仕方ないのかもしれません

ただ、滞在中に一度だけ夕食をアラカルトで食べることができる無料オプションが用意されていたので利用してみました

こちらはそれなりにクオリティが高く美味しくいただきました
サーシャも満足です

プールではエアロビクスのアクティビティも用意されていて、女性の方達は楽しそうにやっていました

私は滞在中3度ほどホテル内のジムで筋トレをしましたが、マシンは壊れているし掃除もしていなくてめっちゃ汚かったです

夜も毎日ではないですが、子供達用のディスコパーティーや地元のトルコ人によるショーなどもありました

ホテルのコーヒーがクソ不味かったのでホテルから歩いて500mほどのところに美味しいトルココーヒーを飲せるカフェがあるとホテルのスタッフが教えてくれたので、早速行ってコーヒーをいただいてみることに

エスプレッソ風の苦味のあるコーヒーでしたが、私は好きなコーヒーでしたが嫁はまずいと言っていました

コーヒーを飲んだ帰り道にバザールがあったので、寄ってみるとコピー商品のオンパレードです

ロシア人の観光客はカルバンクラインのTシャツなどをなぜか大量に購入していました

アンタルヤ最終日

ウクライナに帰国する1日前には周りを観光したかったので近くにあるショッピングモールに行くことに

ビュッフェも飽きてきたので何か外で食べようという子でしたが、トルコの食べ物はいらないというのでトルコに来てまで何故かマクドナルドに

ここトルコのアランヤのマクドナルドもお客がいっぱいです
みんなジャンクフード大好きですね

最終日にはサーシャのたっての希望でヘアーサロンで髪を編んでもらうことに

まだまだプールで遊びたがっているものだとてっきり思っていた私ですが、意外や意外にサーシャはプールにも飽きていたみたいで早くウクライナに帰りたがっていました

帰りのバスが深夜1時半にホテルに迎えに来る予定なので、少し早めに夕食を済ませ少し仮眠を取ることに

帰国の時もホテルから空港まで2時間ほどバスで揺られているうちに着きました

チェックインカウンターに着くとそこはウクライナ人の人集り!!

その横には負けじとロシア人の人集り!!

ウクライナもロシアも近辺には海がないところが多いため、夏のバケーションを海外、それも海があるところで過ごすのがステータスとなっているらしいです

無事チェックインを済まし、ウクライナ人の長者の列を抜けカフェで少し腹ごしらへ

搭乗するまで免税店をぶらぶらと

スターバックスにも人集り

搭乗の時刻が来たので、飛行機に乗り込み2時間のフライトを終え無事リヴィウ国際空港に着きました

帰りも旅行会社が用意してくれたバスに乗りテルノピーリまで送迎してもらいました

旅行の疲れでうたた寝しているといつの間にかテルノピーリに着いていました
レストランと併設してある大型駐車場が完備してあるところにバスは着き、そこでみんな降りることに

三人ともお腹が空いていたため、近くのレストランで食事をとることにしました

ウクライナに帰ってきたばかりということもあり、嫁と娘はウクライナ料理をオーダして私はなんと寿司があったので寿司を注文することにしました

ちなみに私が注文したこのお寿司の料理名はマヤクでした(笑)

サーモンは塩っぱくて、シャリもぎゅうぎゅうに握ってあって正直美味しくはなかったですが、お米が食べられたのでなんかホッとしてしまいました

食事を済ませた後はアパートに戻り三人とも早々に就寝してしまいました

私たち夫婦が結婚して三人揃っての初めての海外旅行!!
サーシャと一緒にたくさん遊ぶことができましたし、サーシャが本当に喜んでくれたのが私は一番嬉しかったです!!

私の文章が下手でブログで上手に伝えることができませんが、私は一生この日を忘れることはありません

来年の夏こそはサーシャを必ず日本に連れて行けるよう、私が出来る努力は全てするつもりです!!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です