Macはもういらない?! 私にはiPhoneとiPadで十分かも!

こんにちは。Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです

最近ふと考えてしまうことがあります

現在メインのパソコンとして使っている15インチMacBook Proですが、もしかしたら私には必要ないのではないかということです

15インチ MacBook Pro 2016とiPad Pro10.5とiPhone X

確かに仕事などで15インチMacBook Pro使ってはいるのですが、別にiPhone XとiPad Pro10.5だけでも全てがこなせるような気がしています

15インチMacBook Proはプロユースでも満足して使えるほどの
パワフルなラップトップです

私にはかなりのオーバースペックなのはわかっているのですが、
ハードウェアのあまりの美しさとかっこよさに惹かれて購入しました

私が初めて買ったMacBook Pro は2013年モデルの13インチでしたが、ディスプレイの狭さが気になり当時の15インチに買い替えた経緯もあったため、2016にデザインが一新されたMacBook Proを購入するときも迷わず15インチを選びました

当時から私にとってかなりのオーバースペックなのはわかっていましたが
たまに簡単な動画編集もすることもあり非常に自己満足して使っていました

15インチ MacBook Pro 2016には、現在も非常に満足しています!!

それなのに私の使用環境ではiPhone XとPad Pro10.5で全てが完結するのではと感じています
8ヶ月使って使用して最高だと感じるiPad Pro10.5と6ヶ月使用してこれまた最高のスマートフォンだと感じているiPhone X

今年、ベゼルレスでFace IDになるiPad Proが発売されるだろうと噂されています
現行のサイズでベゼルレスになるということは、恐らく11インチ以上にはなりそうなので、かなり期待しています

iPhone Xもベゼルレスでかなりかっこいいデザインなので、iPadもベゼルレスになるということは鼻血もんです(笑)

だってディスプレイが大きいのはやっぱり正義ですからね
話が逸れましたが、私のMacBook Proの使用状況を考えてみるとそんなに大層なことはやっていません

ZIPファイルの解凍や、エクセルでのマクロ計算などの高度な使い方はMacでも、たまーにしかやりません

ワード、エクセル、パワーポイントなどの機能も、もともとマックに標準で入っているiWorkのpages  numbers,keynoteで事足りているのが現状です。取引先に送る請求書も numbersで作ってPDFにしてメールで送っていますが、何の問題もありません

あとは、ほとんどネット検索での調べ物や、pagesで概要をまとめたり、Numbersで出勤簿や簡単な経理表を作ったり、mind mapでアイデアを書きまとめたり、Lineやテレグラム、メールなどを送信したり、たまーにウクライナにいる娘の簡単な動画編集をしたりぐらいです

これって全てiPhone XとiPad Pro10.5でも全然できるんですよね

私の場合、特にテキストベースの作業ならiPhone Xだけで完結します
ブログの記事の下書きなど最近は音声入力だけで済ませることも多くなってきました
カメラで何か撮影する時などもiPhoneで事足ります
※私の場合写真撮影に全然凝っていないというのがあります。本当はミラーレスでも買って覚えたいんですけどね(笑)

iPhone Xよりももう少し複雑な作業が必要になった場合はiPad Proの登場です。
確かにiPad Pro10.5はMacなどと違い、トラックパッドやマウスが使えないので使用するアプリケーションによっては快適さが違う場合もあると思います

しかし、私はそれほど気になりません

スマートキーボードを使えばmacOSと変わらないショートカットキーも豊富にありますし、Apple Pencilをマウス代わりにと結構快適に使うことができています
最初の方こそペンシルを持つ時に卯若干の煩わしさを感じていましたが、現在は慣れたものです

機動性にすぐれている

iPhone XとiPad Pro10.5を使っていていつも感心することが、機動性が素晴らしいことです
15インチのMacと比べたらもちろんですが、12インチのMacBookと比べてもその優位性は揺らぎません

iPhone Xはポケットに入れていつでもどこにでも持って行きますし、iPad Pro10.5もセルラーモデルなのでいつでもどこでもネットに繋がった環境にいることができます

それにiPad Pro10.5はスマートキーボードを装着した状態でも重量がわずか750gです

その機動性は外出時はもちろんのこと、部屋への移動やキッチンで料理しながらの動画視聴にトイレで新聞代わりにiPadでニュースを見るにも最適(笑)

ベッドでHuluなどで海外ドラマなども見ることができるし、スマートキーボードをつければブログの執筆やpagesで概要の書き出しやNumbersで仕事に必要なグラフや帳簿などの作成も難なくこなせてしまいます

iOS11になってからはドラッグ&ドロップでファイルや写真党の移動も楽々とこなせます

これらの作業をiPad Pro10.5でやってしまうと、私にはMacなしでも大丈夫なのでは本気で思ってしまいます

ハードウェアもですが、毎年iOSのアップデートでますますiPadは便利になっていきます

スマートキーボードを取り外してiPad単体でみるKindleでは読書が進みます

今では当たり前になっていますが、iPhoneやiPadが登場する以前はコンピュターが、こんな使い方ができるとは想像もしていませんでした

セルラーモデルが最強

私はiPad Pro10.5を購入する以前に使っていた全てのiPadはWi-Fiモデルでした
iPad Pro10.5で初めてセルラーモデルを手に入れたのですが、想像していたよりも本当に便利です

セルラーモデルを手に入れるまでは、外出先ではテザリングで繋げればいいと思ってましたし、実際にそうして使っていました

しかし、iPad本体でセルラー通信ができるという強みはiPadを本当の意味でのモバイルコンピューティングにしてくれます

いつでもどこでもネットに接続できるという点ではiPhoneも同じですが、より画面の大きいiPadは何をするにでもiPhoneより快適です

最近ではWindowsにARMのチップを積んだパソコンにセルラーモデルが出ると言われてまずか、それでも私はiPadを選びます!

私の考えとしては、やはりモバイルデバイスにはモバイルOSが一番なのではと考えるからです

iPhoneにmacOSが乗っても持て余しますよね

iPadにはmacOSを乗せてくれというネットでの意見をたまに見かけますが、もしiPadにフルのmacOSを載せるとWindowsのsurfaceのようにディスプレイ側が大分分厚くなるのではと考えます

それだったら現在のMacでいいのでは

だってそうなれば絶対フルのキーボードにトラックパッドが必要に感じてくるはずだからです

私はios11になってからのiPadの機能で今のところ満足してますが、もちろんこれからもさらに便利になるように改良していって欲しいとは思います

iPhoneやiPadにはデメリットはないのか

手放しにiPhoneやiPadを褒めてきましたが、デメリットがないのかと言うとそうではありません

確かにテキストベースであれば不都合はあまり感じませんが、一つだけ猛烈に不満を感じているのが、モバイルブラウザの貧弱さです

私はお小遣い程度の金額ですが、少額で仮想通貨のトレードをやっています
トレードの時のブラウザはデフォルトのSafariを使っています

さすがにiPhoneではトレードをやりませんが、iPad Pro10.5で時々挑戦しています
しかしiPadのSafariだとなぜか反応がMacに較べるとワンテンポもツーテンポも遅いのです
最新のiPad Pro10.5を使っているにもかかわらず

できればiPadもMacOS並みのブラウザをiPad Proには搭載してほしいと願っています

それごくたま〜にですが、numbeersのシートを一つの画面にいくつも開いて作業することがMacではあるのですが、現状のiPadは2画面、3画面を開くことに対応していますが、numbersやpagesなど同じアプリを2つ同時に開くことができません
ブラウザのSafariだけは2画面表示に対応してるんだけどなぁ

今後のOSのアップデートで対応してくれることを願っています

とりあえず今私が感じているデメリットはこの2つぐらいです

まとめ

AppleのCEOのティムクックが「iPadは世界で使われている古いパソコン6億台の買い替えの代わりになる」と言いましたが、私や私の周りで限って言えば、本当に当てはまります

私の周りの友人や家族だけで言えば、iOS11から搭載されたドッグやマルチタスクなどほとんど使っていません、というか存在すらしりません。そんな友人や知人たちがもっと高度な作業ができるパソコンを使いこなしているはずがありません(笑)

私の嫁もたま〜にですが、誕生日にプレゼントした第5代iPadを使って書類の作成などしていますがこれまた全く問題がないと言います

以前であったばかりの頃にプレゼントしたパソコンはウクライナで埃をかぶっていますし、嫁にも娘にももうパソコンは必要ないと言っていますし、私もそう感じています

仕事で高度な作業の編集やエクセルやワードなどでの大量の作業やマクロ計算などと、まだまだパソコンを必要とする人は沢山いますし、私も否定はしません

ただ私や私の周りの家族、友人、知人などには、カメラがついていて、読書もでき、動画や映画の視聴もできて、調べものの検索に使ったり、マップでナビゲーションしてもらったり、簡単な写真編集や動画編集もできて、ちょっとした請求書や企画書などもサッと作れるiPadやiPhoneは本当に便利ですしパソコンの必要性をあまり感じていません

私は今回7月5日から約3週間ウクライナに行くので、海外でもどこまでiPhoneとiPadでできるのか試してみたいと思います
もしものためにMacも一応持って行きますが、緊急でどうしても必要になる以外はiPhoneとiPadで作業をします

それではまた!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です