iPad ProにiOS11がよく似合う!!

来た来たios11!!

こんにちは、
Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです

日本時間9月20日の’深夜2時から配布された待望のios11

私は朝6時半に起きてからアップデートしました

待ちに待ったios11

いやー、私のiPad Proの使い方であれば非常に満足いくアップデートです

まるで3Dtouch

様々な新しい機能が詰まっているiOS11ですが、ほとんどの機能がアップデート前に
リークされたものばかりでしたが驚きの機能がありました

私が知らなかっただけかもしれませんが、Numbers、ファイル、Keynoteのアプリを少し強めに長押しすると、なんとまるで3Dtouchのショートカットの用にNumbersならその中でよく使うシートが表示されます

ファイルもKeynoteも同じくそのアプリ内でよく使われるものが表示され、それをタッチするとその書類が開かれます

これには驚きました

ただ他の純正アプリで試したところ他のアプリではこの機能は使えませんでした
今のところNumbersとファイル、Keynoteだけで使うことができます

さらにロック中の通知画面からもLINEなどのメッセージアプリの返信も通知を少し押すことにより返信ができます

INBOXでは通知画面から通知しているメーッセジを押すことにより完了することもできました
これはまさに3Dtouchじゃないですか(笑)

iPhone5sでも試してみましたが、iPhone5sではできなかったので、iPad Proだけなのかもしれません
近いうちにApple Storeに行って無印のiPadで試してみたいと思います

地味だけど便利な機能の一つですな

もしかしてまさかのバグの確率もありますね(笑)

コントロールセンターもチカッパ便利になりました

それとコントロールセンターも本当に便利になりました
カスタマイズもできるようになったので、本当に自分に必要な機能をコントロールセンターに
配置することができます

それに限られたものにはなりますが、コントロールセンターで使用中のものは色が変わります
私はジムの筋トレ中に時計のアプリでインターバルを測るのですが、その間はコントロールセンターの時計のマークは白くなっています

使用していないときは他の機能と同じく黒っぽいかんじのままです
地味ですが嬉しい機能の一つになっています

DOCKはやはり便利

iOS11についに導入となったDOCK!!

見た目が少しMac風になってカッコよく見えるのは私だけでしょうか?

iOS11になりさらにマルチタスクが強化されています
Slide OverやSplit Viewなどの基本操作はDOCKから操作することになります


iOS10までは左側をスライドさせることでSlide OverやSplit Viewで二画面表示などに対応していましたが、iOS11からはマルチタスクを行う場合DOCKからの操作が必要になります

Slide Over で 2 つ目の App を開く

Slide Over 機能を使えば、今開いている App の前に滑り込んでくる 2 つ目の App、Split View の場合は 2 つの App の上に表示される App を操作できます。以下の要領で操作してください。

1. App を開きます。
2. 画面の下部から上にスワイプして、Dock を開きます。
3. Dock で、開きたい 2 つ目の App を長押しして、画面にドラッグします。

2 つの App を Split View で同時に使う

Split View では、2 つの App を同時に使えます。たとえば、写真を表示しながらメールを書いたり、休暇にどこに行くか Safari でアイデアを探しながら、マップで場所を調べたりすることができます。

Split View を使うには、以下の要領で操作してください。

1. App を開きます。
2. 画面の下部から上にスワイプして、Dock を開きます。
3. Dock で、開きたい 2 つ目の App を長押しして、画面の左右いずれかの端にドラッグします。
4. App が Slide Over で開いた場合は、 を上にドラッグします。

Split View は以下の要領で調整します。

* 両方の App で画面上のスペースを 2 等分するには、App の分割線を画面の中央までドラッグします。
* Split View を Slide Over にするには、App 画面の上部から下にスワイプします。
* Split View を閉じるには、App の分割線を、閉じたい App の上にドラッグします。

App 間でドラッグアンドドロップする

ドラッグアンドドロップを使って、テキストや写真、ファイルを 1 つの App から別の App に移すことができます。たとえば、Safari からメモにテキストをドラッグする、写真 App からメールに画像をドラッグする、カレンダーのイベントをテキストメッセージにドラッグする、といったことが可能です。以下の要領で操作してください。

1. 2 つの App を Split View または Slide Over で開きます。
2. アイテムが浮き上がるまで長押しします。複数のアイテムを選択するには、1 つのアイテムを長押しして少しだけドラッグし、そのまま別のアイテムを別の指でタップします。バッジに、選択したアイテムの数が示されます。テキストをドラッグアンドドロップするには、まずテキストを選択してから、テキストが浮き上がるまで長押しします。
3. アイテムを別の App までドラッグしてドロップします。
さらに便利になったスクリーンショット

スクリーンショットが面白くなりました

iPhone、iPad Pro両機種ともスクリーンショットを撮影すると
左画面下に表示されるようになりました

ここから編集もできるようで、Apple Pencilを使用して注釈などを付け加えることも可能です

スクリーンショット表示が邪魔になるようであれば左にスワイプすることで消えますし、そのままにしていても少し経つと消えます

まとめ

iOS11をまとったiPad Pro10.5は本当に最高になりました!!

パソコン代わりにiPad Proを使おうとするとマウスやトラックパッドがないので細かい作業などで不便を感じる部分があるのは確かですが、それを補う素晴らしさが今のiPad Proにはあります

特にセルラーモデルはどこでもネットにつながる環境にあるため、パソコンのようにいちいちWi-Fiがある場所を探す必要がありません

同じく常にネットに接続できるiPhoneでも事足りる面は確かにありますが、やはりディスプレイの大きさに限界があるためiPad Proで作業した方が快適です

今までパソコンとスマホの狭間で中途半端な立場にいたiPad ProがiOS11で突き抜けた存在となりました

iOS10までのiPad Proは短期の出張であれば耐えることができましたが、中期以上の出張になると
どうしてもMacBookProを持ち出さざるおえませんでした

しかしiOS11を搭載したiPad Proであれば中期ぐらいの出張であれば、私の環境であれば
こなせると信じています

iPad Proを持ち出す毎日が楽しくて仕方ありません

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウクライナの娘にiPhone11 グリーンを購入

第6世代iPadをスルーして、第5世代iPadを嫁の誕生日にプレゼント

AirPodsを1年半使用したら左側だけバッテリーがおかしくなったので交換しても...

次期iPhoneについて思うこと。

iPad Pro10.5とスマートキーボードにNumbersで困った問題

iPhone Xを半裸族で2ヶ月使用してみて