福岡からウクライナ 首都キエフまでの航空券を探してみる

こんにちは、 Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです

我が家では年末に嫁がウクライナに帰国するため、お土産などの買い出しなどで大忙しの毎日を過ごしています

嫁が帰国するため私は一人で年末年始を過ごすことになりそうです

少し寂しくなりますねぇ

2月のウクライナ行きの航空券

まだはっきりとしてはいませんが、二月に知人の方と一緒にウクライナに行くかもしれません

私としては4月末にウクライナに行き、夏休みを子供と一緒にウクライナで過ごそうかと考えていたのですが、お世話になっている取引先の社長のお兄さんが一人でウクライナに初めてめて行くため、一緒に行ってやてくれないかとお願いされているからです

私はまだ一緒に行くとは確定していませんが、とりあえずウクライナ行きの航空券を色々と調べてみることにしました

最低でもプレミアムエコノミーで行きたい

前回はポーランド航空のプレミアムエコノミーでウクライナのリヴィウまで行きましたが、今回はウクライナの首都のキエフまで行く予定です

知人の方がウクライナのジュトネルに行くのにはキエフの空港からのほうが近いためです

ちなみに私の嫁が住んでいる町のテルノピーリまでは電車などの交通機関で約8時間ほどかかります(悲)

日本からヨーロッパの主要空港までは最短でも10時間ほど、長ければ12時間前後かかります

それからさらに乗り継いでウクライナまで行くとなると相当疲れます(笑)

さらにウクライナのキエフに着いてから電車で8時間の移動を考えると頭が痛くなります

できればビジネスで行きたいのですが料金が高すぎるので、ここは最低でもプレミアムエコノミーで行きたいと思います

ポーランド航空

前回に続いてウクライナ行きの航空券の筆頭にポーランド航空を真っ先に調べました
先ほども書いてある通り今回は前回利用したリヴィウの空港と違い首都のキエフの空港を利用するためです

ポーランド航空のWebサイトでは福岡発、成田着がでてきませんが、ポーランド航空に電話してちゃんとあることを確認しています

福岡、成田間は前回と同じですが、ワルシャワからキエフ行きの飛行機に搭乗するまでのトランジットが8時間以上あります
こりゃキツイ!!

帰りのトランジットもやはり8時間ほどあります(悲)

ターキッシュエアーの時も前回のワルシャワ発、成田便の時にもトランジットが8時間以上を経験しているので、さすがに行きも帰りもは勘弁してほしいので保留することに

しかしこの時点でプレミアムエコノミー空きは4席しか残っていません

ちなみに料金は
知人が、往復、福岡からキエフまで
2/8~2/14のプレミアムエコノミーで
261360円です

私が、行き福岡からキエフ、帰りがリヴィウから福岡
2/8~3/8
271130円です

ルフトハンザ航空

他の航空会社のプレミアムエコノミーを検索してみたところ、ポーランド航空並みの料金だったのがルフトハンザ航空でした

全日空とか日本航空などのプレエコも興味があったので検索してみましたが、ポーランド航空やルフトハンザにのプレミアムエコノミーと較べたらかなりの高額に(汗)

福岡発、キエフ行きの航空券の中では19時間前後と結構早い時間で行くことができます

行きは福岡発、中部空港でフランクフルト マイン空港を経由し、帰りはキエフからミュンヘン空港経由で日本では羽田空港から福岡まで帰ることになります

ただ、気になるのは、プレミアムエコノミーの座席が日本からドイツまでの間隣ヨーロッパ間は普通のエコノミーになります

ポーランド航空であれば日本からプレミアムエコノミーを選択すればワルシャワからキエフまでもプレミアムエコノミーになります

ワルシャワからキエフまでのプレミアムエコノミーは普通のエコノミーの座席なのですが、簡単な料理が出たりアルコールなども提供されているため少しだけですが優越感に浸ることができます

同じ料金を出すならどっちを選ぶのか貧乏性の私としては非常に迷うところではあります

料金は
知人が、往復、福岡からキエフまで
2/8~2/14のプレミアムエコノミーで
252900円です

私が、行き福岡からキエフ、帰りがリヴィウから福岡
2/8~3/8
342700円です

なぜかポーランド航空に比べると、私の料金がかなり高くなっています
帰りをリヴィウではなくキエフにしてもオープンチケットの場合はやはりあまり代わりはありませんでした

ただルフトハンザ航空のオープンチケットは帰りの予約の日付を変更しても変更手数料はかからないと電話のオペレーターの方から教えていただきました

ポーランド航空の場合、航空券の料金に変化はありませんが、予約日を変更する場合、嫁が帰国日変更の時のレートで16010円かかりました

それに加え、座席に差額が発生した場合別途料金がかかってきます

これも私の嫁の帰国日変更の時ですが、12/28を選択するとプラス32200円、12/30だと25500円かかります

これに予約日変更の手数料を合わせると結構な金額になります

知人の航空券の料金がポーランド航空もルフトハンザ航空も料金にそこまで違いはありません

しかし私の場合になると、ポーランド航空で271130円、ルフトハンザ航空で342700円
両社の差額は71570円にもなります

この料金の差額は結構でかいっす!!

70000円もあればウクライナで結構贅沢ができる金額になります

まとめ

どちらの航空券を予約するか、かなり迷っているのですがポーランド航空の座席の空き具合が少なくなってきているので、早めに選ばなければいけない状況です

どちらの航空券を選択したのかは2月にウクライナから搭乗機のレヴューを書きたいと思っているので、楽しみお待ちください!

それではまた!!

 

2 COMMENTS

タカ

はじめまして。タカといいます。
凄い偶然にこのサイトに行きつきまして、ウクライナ関連ブログは一気に全部読ませて頂きました。
まさか境遇?がここまで一緒だとは…

私も去年1月ウクライナ人と結婚しました。
出会ってから5年目です。
元夫との子供が2人居まして、同じく裁判待ちで日本に呼べていません。
毎年1回はウクライナに行っております。
2月から2週間ほどですが、滞在する予定です。
クリヴィーリフという都市に行くのですが、
キエフかドニプロから向かいます。
ドニプロ便が廃線?になったみたいなので、
今回はカタール航空でドーハ経由キエフから行く予定にしています。
エコノミーですが込み込み70,000円は財布に優しくて即決しました。
ブログを拝見しましたが、子供さんをウクライナに残して、奥様は日本みたいですが、私は妻も子供もウクライナに居ますので、羨ましいです。
今後もウクライナブログを楽しみにしております。

返信する
oldman1550

はじめましたタカさん。
返信遅くなり申し訳ありません。
私もメッセージを読み同じ境遇に驚いています。

私たち夫婦が日本で一緒に住み仕事をしているのは、もし裁判に勝てなかった場合のことも想定しているためです。
まだまだ先になるとは思いますが、その時は一年の内ウクライナと日本を半々に住めるように準備しています。

2月にウクライナに行く予定にしていましたが、2月1日に裁判があるので、そこで何か少しは今後のことがわかるかもしれないと嫁から連絡があったため、少し渡航するのを伸ばす予定です。

そこら辺のことはまた今後ブログを通して情報発信していきますので、今後ともよろしくお願いします!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です