iPhone X AndMesh ケース マットブラックを購入

こんにちは、
Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです

基本私のiPhoneは裸で使用していますが、その日の気分やファッションなどでケースを
使う日もたまにあります

現在は純正のシリコンケースしか持っていませんでした

他に何かいいケースがないかと物色していたところ、以前から気になっていたあるメーカーのケースを購入して見ることに

AndMesh iPhone X ケース Basic Case [Qi ワイヤレス 充電 対応 マット仕上げ]

その気になるメーカーとはAndMeshというメーカーです

私がこのメーカーを知ったのは確かiPhone6の時だったと思います

国内のケースメーカーが世界最大規模の国際的デザイン賞「レッドドット・デザイン賞」を受賞したというニュースを聞き、その独特のメッシュデザインが非常に気になっていました

しかし当時の私はiPhoneのケースを購入しては1週間も使用せず、裸に戻す事がほとんどだったので、どうせ買っても使わなくなるだろうと思い、その時は購入をしませんでした

今使っているiPhone Xも基本裸族で使っていますが、前面背面ともにガラス素材であるため落下時のことを心配しました

普段使いこそ裸で使用していますが、仕事の環境も含めて自営業のため、事務所にいる事が多くそこまで朝のジムでの筋トレ以外では外出する機会が少ないこともあります

休日に外出したりアクティブに動いて過ごす予定がある時などは結構純正のシリコンケースをつけたりしていますが、シリコンケースはホワイトなので違う色のケースが欲しくなって来ました

そこでネットなどでケースを物色していた時に見つけたのがAndMeshのマットブラックのケースです

早速Amazonで注文してみました

開封

Amazonさんからケースが届いたので早速開けてみたいと思います

意外と質素な作りのパッケージに入っています

ケースを取り出します

今回はメッシュのデザインは採用してないようです

ポリカーボネートのケースと説明欄には書いてありましたが、触った感じは純正のシリコンケースに近いものがあります

こりゃポリカーボネートの質感じゃないですね!

持った感じの質感が非常にいいです
手にしっくりくる感じですね

ケースの素材はボリカポネートになりましたが、Qi ワイヤレス 充電 対応になっています

一応試しに充電してみましたが、ちゃんと充電できています
当たり前か(笑)

デザインをみていくと電源ボタンと反対側のマナースイッチや音量ボタンのところはくり抜いたデザインになっています

最初は、このサイドのくり抜いた部分のデザインが正直「ダサい!!」って思っていました
ほんと、イマイチどころか、こりゃケース選びに失敗したなって本気で思ってましたから

しかし、このケースを使っているうちにくりぬいてる部分からチラ見えするステンレスフレームが
何気に「カッコいいんやないか」って徐々に感じてるように(笑)

上部は覆われていますが、下部もくり抜いたデザインです

iPhone Xにはフルカバータイプの強化ガラスを張っているのですが、Apple純正のシリコンケースだと強化ガラスの縁が浮いて来ましたが、AndMeshのケースでは大丈夫でした

全体的にくり抜いたデザインになっているため、以前のメッシュのケースとは全く違うものとなっています

ケース自体はディスプレイ面を下にしておいても、若干ですがケースがディスプレイ面よりも高くなっているのでディスプレイが直接触れることは無いようです

ケースの脱着もかなりスムーズにできるのも好感がもてます

以前iPhone5を買った当初にやはりポリカーボネートのケースを使っていたことがありますが、脱着がしずらかった記憶があるためそれ以降ポリカーボネートのケースを買ったことがありませんでした

普段iPhone Xを裸で使い状況によってケースを使い分けている私にとってケースのデザインなどもそうですが、ケースを簡単に脱着出来るのも選ぶポイントの一つです

私が以前気になっていたメッシュのデザインとは大きく変わったAndMeshのiPhone Xのケースですが
やはりデザインはスタイリッシュで質感の良いケースなのは間違いありません

値段もAppleの純正白コンケースと比べてもだいぶお安くなっています
カラーのラインナップも豊富なので、あなたのお気に入りのケースが見つかると思います

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です