iPhone X 純正シリコンケース ホワイトを購入

こんにちは、 Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです

iPhone Xを購入してから毎日使い倒しているのでバッテリーの減りが早くて困っています(笑)

ガラスで覆われたスペースグレーに黒光りな輝きを放つステンレスは本当に美しいですが、おそらく傷つきやすい一面も持っていると思います

正直私はiPhoneにケースを付けるのは好きじゃありません

以前使用していた7Plusのジェットブラックは裸で使っていたのですが
それは見事なほどに傷だらけになりましたから

iPhone Xは前面背面ともにガラスで覆われているため大切に守らねばと思います

と言うことで今回AppleのiPhone X純正シリコンケースを購入してみました

実は純正のシリコンケースを使うのは今回が初めてではありません
7Plusの前に使っていた7の時にミッドナイトブルーの純正のシリコンケースを使用していました

ですが1週間も使用せずに裸に戻した経緯があります
基本私のiPhoneは裸で使うことがほとんどなのですが、新型を購入した当初はやはりケースをはめることが多いのです
しかし裸の持ち心地に勝るものがなく毎回ケースを購入しながらも裸に戻す始末でした

今回もそうなる事を懸念していたので、ケース自体はiPhone Xを手に入れた日に購入して使ってきましたが、レビューを出すのを控えていました

だが今回は中々ケースを手放すことがありません
そんなお気に入りのiPhone X 純正シリコンケースをご紹介したいと思います

iPhone X 純正シリコンケース ホワイト

カラーリングが豊富な純正シリコンケースの中でも、今回私が選んだのはホワイトです


以前は黒やミッドナイトブルーなどの暗い色を好んでこうにゅうしていましたが
海外のYouTuberに影響を受けてホワイトにしてみました
年齢的には暗い色のほうがいいのかもしれませんが、鮮やかなホワイトが物凄く魅力的に映ったのです

シリコンケースってどこか安っぽく見えたりするのですが、純正のホワイトはそんな感じがありません

早速iPhone Xに装着してみます
いいすっねホワイト!!

7の時に使っていたミッドナイトブルーのシリコンと手触りが若干違うような感じがするのは私のきのせい?!

内側は優しくiPhone Xを守ってくれるようにマイクロファイバー素材になっています
モフモフしていて触れると気持ちがいいです

左サイドを見ると電源ボタンも純正らしく綺麗に覆われています
ただなんかボタンの部分の色が7の時のシリコンケースと違うような

右サイドも見ていきます
右も音量ボタンは押しやすいようになっています
マナーモードの切り替え部分は操作しやすいよう穴が開いていますね

7Plusのレザーケースと見比べてみます

デザイン的にはほとんど一緒ですが、シリコンケースと比べると少しレザーケースの方が薄いですね

それと両サイドの電源ボタンや音量ボタンレザーの素材と違いアルミで作られているレザーケースの方がボタンを押した感じが裸のままのiPhoneに近い感じで押しやすいです

薄さやボタンの押しやすさ経年劣化を楽しみたい方はレザーケースの方がいいと思います

しかしケースをはめて正面から見て見ると超狭額縁デザインがいっそう際立ちます

シリコンケースを装着したiPhone Xはグリップ感が増して滑りにくくなり落とす心配も軽減しそうです

iPhoneシリーズのケースは様々なケースが沢山あります
もっと薄いケースやクリアなケース、頑丈なケースなど多岐に渡りますが
そんなかでも私がなぜAppleが販売しているこの純正シリコンケースを選んだ理由は
iPhoneのことを知り尽くしているAppleが作っている安心感と精巧な作りでできているからです

Appleらしくケースだからと言って一切の手抜きはありません
市販のケースに比べると少し値が張りますが、私は純正シリコンケースを選んで
満足しています

それではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です