iPad Pro 10.5 ケース Smart Keyboard対応 Apple Pencil収納スロット付きを購入

こんにちは。Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです。

iPad Pro10.5とApple Pencilを一緒に持ち運びしたくて、以前購入したアップル純正レザースリーブケースには非常に満足しています

確かに満足しているのですが、最近スリーブケースからiPad Pro10.5を取り出すのがわずらわしく感じることがあります

スリーブケース自体出来がいいのにiPad Pro10.5をスマートキーボードを装着した状態で入れると、非常に取り出しづらくなり、全くスマートでなくなってしまいます

iPad Pro10.5を購入した当初のようにスマートキーボードだけ装着して使ってもいいのですが、どうしてもApple Pencilを一緒にもち歩きたくなります

実は純正のレザーケースを購入する以前に買っていたケースがあったので、久しぶりに引っ張り出してつけてみることに

すると購入した当初は「こりゃダメだ」と思い使っていなかったケースでしたが、いざ使ってみると快適です(笑)

スマートキーボード対応 Apple Pencil収納スロット付き

このケースを購入したきっかけはApple Pencilをケースに収納して持ち運べることと、スマートキーボードに対応していたからでした。

贅沢を言えば、surfaceみたいに横に磁石あたりでくっついてくれればよかったのですが、iPad Proにはその機能がありません

iPhoneもiPad Pro10.5もできるだけ裸に近い状態で使いたい私には残念でなりません

それでも無いものはしょうがないですから、Apple Pencilも収納できて、なおスマートキーボードにも対応しているケースを探していたところ、こノーケースにめぐり合うことができました

実際の装着感

iPad Pro10.5本体とスマートキーボードだけの時と比べるとズッシリと重さが増します

約120gほどですが、重く感じます
おそらく重さもですが、厚みも増したため手に乗せた時の感じがそうなるだと思います

Apple Pencilの収まり場所は、めっちゃいいと思います
後ろに空いてある穴から指を入れてpencilを取り出すのですが、取り出しやすいですね

pencilを収める場所の横に小さな丸い穴が空いていますが、
多分これはpencilを充電している間にキャップを無くさないように差し込んで置けるようにしているものと思われます

スマートキーボードを装着してみても対応しているだけあってそれほど問題はありません

なぜ今まで使わなかったのか

それほで問題ないと書きましたが、これが今まで使わなかった一つの原因でもありました

それはスマートキーボードをつけてタイピングしようとするとケースをつけている時とつけていない時の角度が問題でした

ケースをつけると少し厚みが増すためスマートキーボードをつけてラップトップ状態にして使用すると微妙にディスプレイが見辛いのです

しかし今回新たな発見があり、それも少し改善されることに

写真に赤で囲ってありますが、ここに隙間ができているため
傾斜の角度がきつい為、裸の状態の時よりもきつくなります

しかし折りたたんだ三角の部分を上に引っ張ることで隙間がなくなる為、それまでよりディスプレイが見やすくなりました

それともう一つケースを今まで使わなかった原因があったのですが、それは私のiPad Pro10.5の持ち方?使い方です

今まで私はニュースのアプリやネットサーフィンなどをするときはスマートキーボードからiPadを外して手に持って使っていました

するとケース着けた分の重みと厚みに耐えられなかったのです

しかし最近はニュースのアプリも他のアプリを使う時もよほどのことが無い限り、キーボードを開いたラップトップ状態でpencilで操作しながら使うようになったところ、ケース分の厚みと重さが気にならなくなりました

もちろんタマにはキーボードから外して使うこともあります
そのときはやはり重さと厚みが気になります(笑)

まとめ

スマートキーボード対応のApple Pencilも一緒に持ち運ぶことができる便利なケースです

充電のときもキャップを無くさないようにした細やかな作りも見られます

スマートキーボードを使いながら、Apple PencilもiPad本体と一緒に持ち歩きたい方には値段もリーズナブルなのでお勧めできるケースです

私は飽きっぽいところがあるので、おそらく純正のレザーケースと使い分けて行きことになると思いいます(笑)

それではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です