auの新料金プランってどうよ?!

こんにちは、Apple製品と筋肉をこよなく愛する
Oldman-hakataです。

7月10日にauから新料金プランが発表されました。
格安SIMを意識した料金プランだとヤフーニュースなどで書かれていました。
私は何を隠そう、auユーザーの一人ですから、大変気になったので、この新料金について色々と調べて見ました。
でもauユーザーであってauのファンではありません。(笑)

現在私達夫婦のauでのプランは二人とも仕事上の関係で、電話かけ放題のプランに入っていて、私がデータ通信5GB、嫁がデータ通信2GBのプランに入っています。

これにインターネット接続サービス料金が各自300円ついています。
この下記の表によると私が月8000円に消費税、嫁が月6500円に消費税の金額を毎月auに支払っています。
少しでも安くなるにこしたことはないので色々と調べてみました。

今回のauの新料金プランはauピタットプランとauフラットプランの二つになります。

まずは、auピタットプランを見ていきたいと思います。
フラットプランの特徴はその月に使用したデータ通信量によって
料金が変わるという変動制のプランになります。

ちなみに私達夫婦とのプランと比較をしてみました。

Oldman 嫁auフラットブラン5GBauフラットブラン2GB
カケホ2700円2700円カケホ込みカケホ込み
データ通信5000円(5GB)3500円(2GB)5GB 翌月繰越なし2GB 翌月繰越なし
インタネット接続料300円300円込み込み
合計(税別)8000円6500円7480円5480円

私達夫婦のプランと比べてみると、私が約500円、嫁が1000円ほど違ってきます。
二人で1500円節約することができます。
年間にすると18000円節約することができます。
さてもう一つのプランをみてみます。

フラットプラン20

もう一つ用意されたプランは、フラットプランになります。
こちらのプランは20GBと30GBというように、たくさんのデータを使う人に用意されたプランになるようです。

こちらも私達夫婦のプランと比べてみました。

Oldman  嫁auフラットプラン20auフラットブラン30
カケホ2700円2700円カケホ込みカケホ込み
データ通信5000円(5GB)3500(2GB)20GB 翌月繰越なし30GB 翌月繰越なし
インタネット接続料300円300円込み込み
合計(税別)8000円6500円7500円9500円

 

フラットプランと私達のプランを見比べてみると、20GBのプランで私が500円やすくなります。
嫁で1000円ほど値上がりします。

30GBも表には載せていますが、私たちはここまでデータ通信を使うことがないので
割合します。

私たち夫婦が決めたプランはこちら

今回私たち夫婦が決めたプランは、私がピタットプランを選択しました。
私の場合自宅兼事務所で常にWi-Fiがある環境にいるため月に3GBほどしか使わないため
ピタットプランで3GBであれば6480円(税別)ですむので、今より15000円ほど安くなります。

嫁が選択したプランはフラットプラン20にしました。
嫁の場合は1000円の値上がり7500円になります。
嫁は仕事がら外が多く、外出先で結構データ通信をします。
今までは私が5GBのプランだったので、毎月余ったデータを翌月に繰越ができていたため
嫁が2GBのデータを使い切ったらデータギフトで私が余ったデータを送っていました。

嫁も私と同じピタットプランでもよかったのですが、5GBで7480円、5GBをこえると8480円になります。
それならばプラットプラン20を選べば、月々7500円ですむことを考えると、嫁の場合はデータの通信料をそこまで気にしなくていいフラットプラン20がベストだと思いました。

夫婦二人合わせると、月々13980円(税別)です。
今までより二人で520円お得になります。

ただ、皆さんに気をつけて欲しいのは私たち夫婦が使用しているiPhoneはSIMフリーのiPhoneになるので、月々の端末の支払いがありません。
それと自宅のWi-FiはJCOMですが、マンションが無料で提供しているものになるので、スマートバリューの適用もありません。
もちろん、ビッグニュースの適用もなしです。

auの新料金プランにご興味のある方や、端末代を現在支払い中の方は、auのホームページで料金のシュミレーションができるので一度シュミレーションをしてみるかauの窓口などでご相談された方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です