ポーランド航空 ビジネスクラス搭乗記 2019

こんにちは。Apple製品と筋肉をこよなく愛するOldman-hakataです

今年もウクライナに行くことになりました

娘を来日させるための裁判の結果がダメだったことが原因ですが、それはまたの機会に話しすることにします

今年は、ビジネスクラスに無事アップグレードすることができました

今回はビジネスクラスに搭乗した感想を述べたいと思います

プレエコよりも更に快適

ポーランド航空のプレエコに搭乗する際に何度とビジネスクラスの席は拝見していましたが、実際乗ってみるとやっぱり広いですね(笑)

足元の広さが全然違います

席に座った感じもプレエコだと腰のあたりにクッションを挟んでおかないと私は腰が痛くなるですが、ビジネスクラスだとクッションを挟まなくも全く問題ありませんでした!!

席についてすぐにウェルカムドリンクが配られます

ここはスパークリングワインをお願いしました

ちょっとしたセレブ気分(笑)

アメニティには靴下や耳栓、歯ブラシ、クシなどがはいっています

スリッパもあります

ポーランド航空のプレエコのブランケットも素晴らしいですが、ビジネスクラスは更にワンランク上のブランケットです

肘掛けの所に座席をリクライニングさせるリモコンが設置されています

肘掛けの下にモニター用のリモコンに前後にはコンセントがさせる場所とUSB端子とヘッドホン用のジャックが設置されていました

ビジネスクラスにはヘッドホンが用意されていますが、他社の航空会社のようなノイズキャンセリングの機能はついていません

機内食

フライト前に機内食のメニューが配られました

私は迷わず和食をチョイス

フライトして1時間ほどで1回目の機内食が配られます

テーブルにはちゃんとテーブルクロスが用意されます

ビジネスクラスでは当たり前みたいですが

なぜかテンションがあがります

前菜からメインディッシュまで豪華な食事てましたが、正直味はイマイチかな

バリ島に行く時に乗ったフィリピン航空のビジネスクラスの食事のほうが美味しかったかな

食事の後はデザートと蜂蜜酒をいただきました

この蜂蜜酒がなかなかアルコールが強くて

少し酔ってしまいました

フルフラットのシート

食事が終わるとほどなく、機内の照明も暗くなり、睡眠タイムにはいります

フルフラットになるシートはやはり快適です

飛行機の中で横になれることがこんなに快適だと初めてしりました!

10時間ちょっとフライトもビジネスクラスだと本当に快適すぎます

少し仮眠してスマホをいじっていると、CAさんから飲み物と軽食のお誘いがあったので、スペイン産の赤ワインとツナマヨのおにぎりをいただました

朝食

朝食のぱっと見た目はまさに幕の内弁当です

朝食も味的にはあまり美味しくは感じませんでした

1回目の食事の味噌汁もそうでしたが、インスタントの味噌汁なんで味噌をちゃんと混ぜてなく、下の方にミソがかたまっていました

ポーランド航空とフィリピン航空のビジネスクラスにしか乗ったことがないので

あまり比較できませんが、食事にかんしてはプレエコほどの感動はありませんでした

いや、語弊があるといけませんが料金のわりにはと素直に思った次第です

2回目の食事にも赤ワインをいただきましたが、着陸1時間前にも赤ワインをすすめられたので、調子に乗って飲んでしまい、ほろ酔い気分でワルシャワに到着しました

それと補足ですが、去年私がウクライナに渡航したときとシェンゲン外エリアにいくレーンが変わっていました

まとめ

今回はプレエコからビジネスクラスへとアップグレードしたわけですが、食事はイマイチだなと感じましたが、全体的には非常に満足しました

やはり様々なサービスに加え、フルフラットになるシートはまさに快適そのものです

50代になる私にとって10時間を超えるフライトはさすがにキツいものありますが、

やはりそこはビジネスクラス!!

フルフラットのシートで疲れも軽減

横になれるってこんなに素晴らしいことだとは!!

今回は帰国も1人になりそうなので、帰りもアップグレードに挑戦したいと思っています

嫁は新しいアパートへの引っ越しの準備があるので少しずらして帰国するようです

それではまた!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウクライナ料理 レストラン編

今年もウクライナ行く季節がやってきた!!

ウクライナの寝台列車 

ポーランド航空プレエコ・ビジネスクラスの地方からの予約の仕方

嫁はウクライナ人・国際結婚生活1周年

ファミリーマートのウェスタンユニオンでのウクライナの送金には気をつけろ